乳がん検診の種類や特徴|乳がん検診をするにあたって必要なこと【がんを知ろう】

無症状のうちに受けておくべき乳がん検診について

乳がん検診の種類や特徴

診察

乳がん検診の重要性

乳がんとは、乳房にできる悪性の腫瘍です。日本では乳がんが増加していて、女性の30歳〜64歳では死因のトップとなっています。命を奪うような怖い病気ですが、早期発見をして、適切な治療をすれば完治する可能性もある病気です。そのため、自分の命や家族の命を守るためにも、定期的に乳がん検診を受けることが重要となります。

視触診とは

乳がん検診では、視触診やマンモグラフィなどの検査を行ないます。視触診とは、医師が目で乳房を観察したり、手で触れてしこりや腫れがないか確認したりする検査です。針を刺したり、薬を使ったりせずに検査できるので、身体に負担をかけずに検査できるというメリットがあります。しかしある程度の大きさになったしこりじゃないと発見できないという注意点もあります。

マンモグラフィ検査とは

マンモグラフィ検査は、乳房をプラスチックの板でハサミ、専用のX線装置で乳房全体を撮影するという検査です。医師の視触診やセルフチェックでは発見できない小さいしこりや、石灰化のある乳がんの発見ができるので、死亡率減少効果がある検査とされています。乳房を挟む時に痛みを生じますが、検査の感度は高く、その精度は80%程度と言われています。