免疫療法のメリットと流れ|乳がん検診をするにあたって必要なこと【がんを知ろう】

新しいがん治療として注目されている免疫療法の流れ

免疫療法のメリットと流れ

聴診器

第4のがん治療

外科治療、化学療法、放射線治療の3つは三大がん治療と言われています。この3つの治療を主軸にして、がん治療は行われていますが、近年第4のがん治療として免疫療法が注目されています。

世界中で注目されている

免疫療法とは、人間が生まれながらに備えている免疫力を高めるという治療法です。世界中で免疫療法は注目されていて、アメリカの権威ある科学誌でも、身体の免疫システムを利用した魅力的な治療としてブレークスルーに選んでいます。

今までのがん治療にないメリットを持っている

免疫療法は、他の治療のように即効性はないのですが、効果が長期間持続します。また、自分自身の免疫力を使うので体力があるがんの初期段階でも高い効果を期待できるのです。さらに、他のがん治療よりも副作用が少なく、三大がん治療と併用することもできます。

免疫療法の流れ

医師と面談

免疫療法によるがん治療は、最初に医師との面談から始まります。治療内容や費用に関する説明を受けて、疑問に思う部分がある場合は質問します。

リンパ球採取

次にリンパ球の採取、全血採血を行ないます。採取方法はリンパ球分離採取と全血採血の2種類があるので、医師と相談して採取方法を決定します。

培養

採取したリンパ球を培養します。治療できる状態になるまでに、2週間〜4週間ほどの培養期間が必要になります。

点滴

培養によって活性化してリンパ球を、点滴で体内に戻していきます。点滴の間隔は、週2回が一般的ですが、医師の判断次第で間隔は変わります。